Article

奏で合う人 佐久間麻都香さん

山形県広報誌「県民のあゆみ」2018年7月号に
柿守人(かきもりびと)主宰の佐久間麻都香さん
(2014年ナリワイづくり工房@鶴岡卒業生)が紹介されました。

麻都香さんは、無農薬天日干し「柿の葉茶」の製造販売のほか、
柿農家、地域の農家のお手伝い、ナリワイ起業講座の事務局、
地域づくりワークショップ、地域の外国人サポートなど、
複数の仕事を掛け持ちするスタイルで働いています。

2015年のインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
前編
後編

一緒に紹介されている合同会社とびしまの松本友哉さんも
島の草刈り、漁船クルーズ、島内ガイド、デザインまで
仕事と仲間を生み出しながら、飛島を跳んでる島にしている仕掛け人です。

複数の仕事をかけもちするスタイルは、半世紀前までは普通に行われていた働き方。
人脈も増えるし、収入源も複数あるので、リスクも分散される効率的な働き方です。
私たちは、なぜ一つの組織で、一つの仕事を一生続けるのか?
自分は、どんなふうに働きたいのか、
どんな暮らし方がしたいのか、
それぞれが考える時期に来ていると感じます。

 


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容
 講座のお申込み 講演・視察に関するお問合せ その他感想・応援等

お申込みの講座名 ※講座のお申込みを選択した方のみ

ご希望の日時 ※講座のお申込みを選択した方のみ

▶講座のスケジュールはこちらから

自由記入欄