Article

<ナリワイインタビュー>no.29 白幡渉兵さん

ナリワイ卒業生 ものかきや伊藤秀和が聞いてみた!!

「鶴岡市に平日24時までやってるコワーキングスペースが出来たって知ってた!?」

2019年10月、鶴岡市の空き家を改修してNight Tiny Desk Cafe「Cuthbert(カスバート)」をオープンした白幡渉兵さん。農家として働きながら、2017年春のナリワイ起業講座を卒業後、コミュニティスペースの運営というナリワイを見つけてスタートしました。本日はそんな白幡渉兵さんの「居場所づくり」に対する思いに迫ってみたいと思います。

白幡渉兵(しらはたしょうへい)さんってどんな人?

1991(平成3)年生まれ、鶴岡市三瀬出身。
中学校まで三瀬で育ち、高校は鶴岡市内の高校に入学。
進学後、漫然とした高校生活が嫌になり退学を決意。
その後は同市内の通信制の高校に編入・卒業し、東京にある日本外国語専門学校(国際ボランティア専門)を通う。
在学時に、長野県伊那市のNPOのキャンプボランティアの経験する中で、主体的に動いて子どもたちと接する高校生たちとの触れ合う。その経験をもとに、自分も主体性を持ってカラダを動かしながら、人のためになることがしたいと思って、そのまま長野に2年弱ボランティアをして過ごす。
ボランティアプログラムを終えて、25歳のときに鶴岡に戻ると林業に携わるように。チェーンソー、安全教育、大型特殊、ユンボなどの運転免許・資格などを多数取得。その後、「じござえもん 石塚ファーム」に農家として就農。
2017年春の鶴岡ナリワイプロジェクト起業講座を受講し、講座卒業から2年を経て、2019年10月Night Tiny Desk Cafe「Cuthbert(カスバート)」をオープン。平日24時まで空いているコワーキングスペースということで、鶴岡の迷える学生・社会人・フリーランスのたまり場となって密かに話題を集めている。

 

鶴岡ナリワイプロジェクト・ナリワイ起業講座との出逢い

(ナリワイ起業講座同期・千一珈琲さんの豆を挽いて、コーヒーを入れる白幡さん)

 

もともとフリースクールをやってみたいと思っていて、会社員として働きながら、将来的に自分が運営するフリースクールの形を模索しておりました。そんなときに出逢ったのが鶴岡ナリワイプロジェクトが主催しているナリワイ起業講座です。この講座の卒業生たちはみなさんイキイキと主体的に活躍されている方が多く、自分のもっている「もやもやしたやりたいこと」を形にして実現したいと思って、ナリワイ起業塾を受講しました。

そこで出逢った同期メンバーに頂いた意見やアイデアで、山形市内に不登校の子どもたちを集めて勉強したり、遊んだりしている「ぷらっとふぉーむ」という団体がフリースクールを行っていることを知りました。現地へ行くと、私が考えているような居場所づくりを実践している方々がいて、自分がやろうとしているナリワイのイメージがついたのです。

セミナーとかって教えるだけで、お金のこととかまじめに考えすぎてしまって逆に行動できなくなったりするけれど、ナリワイプロジェクトはまず1回やってみてからはじめるってことを後押ししてくれる場所です。

 

これからナリワイを志す方へのメッセージ

人が言うこと聞いてもそれはその人の考えなのでそんなことは聞かずに、考えていることがあればまず1回やってみてほしいです。他人に判断を委ねると揉めることがほとんどで、それだと時間がもったいない。やってよかったというのは、やってみたから言えることです。
何かをやってみたいという思いがあるなら、まずやってみましょう。

 

「Cuthbert(カスバート)」に込められた思いとは?

 

Cuthbert(カスバート)は一言でいうと、「放課後の図書室のような場所」です。

授業を終えた学生、仕事を終えた会社員の方、フリーランスの方がぷらっと帰宅前に来れるような場所で、職場と自宅の間にゆったりと過ごせる第三の場所があったらよいなと思いCuthbert(カスバート)を作りました。

名前の由来は、学生時代に読書にハマるきっかけになった本である「赤毛のアン」からきてます。主人公の赤毛のアンは本当は男の子が来るところだった里親のところに手違いでくることになってしまったのですが、その家の名前がCuthbert(カスバート)です。
そんなように、人生はいろいろな出来事やアクシデントがあります。そんなふらっと来た方も受け入れられるような心構えで、多種多様な方が来れるような場所にしていきたいという思いからこの名前にしました。

 

「Cuthbert(カスバート)」の営業情報

(自宅のようなくつろぎやすさがある場所です。)

 

こだわり雑貨と、感性豊な心優しいちょっと寡黙な店主がいるここ、Cuthbert(カスバート)。
プロジェクターなどもあるので、打ち合わせスペースや仲間同士の動画の上映会なども可能です。
学生の、社会人の、アフター9の隠れ家としていかがでしょうか。


《営業情報》

店舗名:Night Tiny Desk Cafe「Cuthbert(カスバート)」
住所:〒997-0049 鶴岡市大塚町39‐1 ※鶴岡駅から車で12分
連絡先:090-7338-8492(営業時間のみ対応)
ホームページ:現在なし ※2019年12月頃オープン予定
営業日:月・水・金曜日(祝日も営業してます。)
※農繁期のため、7・8・9月は休業予定
営業時間:19:30~24:00(12~3月の冬季営業は20:00~24:00)
料金:1回大人500円/学生400円(3時間以内は300円)
席数:5席(5,6名程度の利用が可能)
駐車場:5席
プロジェクター:あり
コピー機:あり
Wifi環境:あり
飲み物:コーヒー・紅茶・ホットミルク
フード類の持ち込み:可

 

(雑貨屋でみつけてきた、こだわりの椅子)

 

(余目のクラフト作家さんが制作した、ダンボールで出来た超高音質スピーカー)

 

(本好きの白幡さん。その本の種類も幅広く漫画、雑誌などが300冊程度ありました。)

 

(絵を書いたりするのも好きな白幡さんが書いた絵。この絵も絵本になる日が近いかも!?)

 


取材後記「取材の1週間後、再度行ってみた!!」

「本当にやってるかな~」と取材後日、平日の夜にに訪問すると、、、
ちゃーーーんと営業してました!!
農業の仕事を終えてから、白幡さんはこちらにきて、この場所を切り盛りしながら、黙々と絵を書き書き・・・。寒い日にあったかいコーヒーを入れて頂いたり、持参したカップ麺にお湯を入れてもらったり、至れり尽くせりのおもてなし!!ジャズの流れる空間で、書類を整理や作業をしながら、ゆっくりと過ごさせてもらいました。白幡さんも黙々と絵を書いていたので、お互いに作業に集中しながら、まったりと効率よく仕事ができる空間!!ありがとう、白幡さん~~~

文・写真:まちの広告代理店「ものかきや」伊藤 秀和


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容
講座のお申込み講演・視察に関するお問合せその他感想・応援等

▶講座内容はこちらから

自由記入欄