Article

<レポート>小さな森の市&ナリワイ市 2018.7.1開催 (前編)

7月に入ったばかりとは思えない熱気が庄内平野を包んだ日、月山麓の田園地帯にある緑豊かな「羽黒・芸術の森」で、とあるイベントが開催された。「小さな森の市&ナリワイ市」である。

 会場は、旧今井繁三郎美術収蔵館あらため「今井アートギャラリー」の隣にある「工房いずみの」。洋画家の今井繁三郎が生前にアトリエとして使用していた建物だ。この旧アトリエは繁三郎氏亡き後、そのままの状態で保持されていた。だが数年前、繁三郎氏の孫を中心に地域の有志が立ち上がり、この地を芸術家や人が集える場にしようと、昨年は「小さな森の市(マーケット)」を2度ほど開催。今年6月14日には、クラウドファウンディングで集めた資金を元に多くのボランティアの協力でリニューアル工事をし、レストラン兼レンタルアトリエとして新たにオープンした。

今回のマーケットは、生まれ変わった「工房いずみの」では初めての、そして「鶴岡ナリワイプロジェクト」の修了生を中心メンバーとするナリワイ・イベント実行委員会が小さな森の市と行う初めてのジョイントイベントだ。

 

「鶴岡ナリワイプロジェクト」は井東敬子氏が代表となり2015年にスタート。
「ナリワイ」とは、自分の好きなことや得意なことを活かして、身近な地域の「困りごと」(課題)を解決する小さなソーシャルビジネスのことで、同プロジェクトが開催するナリワイ起業講座の修了生は2018年3月時点で約50人。

自分づくり、地域づくりの魅力的な実践手法として広がりをみせている。今回、「ナリワイ」活動の紹介・体験を通して、「ナリワイ」に興味を持つ人、取り組みたい人を増やしたいという思いから、ナリワイ・イベント実行委員会が結成され、ナリワイ市が開催されることになった。

開催当日、会場入り口の路上に立つ数名のイベントスタッフに誘導され、細い砂利道を進んで車を停め、「羽黒・芸術の森」に足を踏み入れた。白壁の美しい土蔵「今井アートギャラリー」と木漏れ日のやさしい光。久しぶりに訪れたこの空間は、やはり清々しく、心癒す空気に満ちている。マーケット会場がある工房いずみのはさらにその奥。

屋外で出店しているさまざまなブースをのぞきながら入り口にたどり着くと、場内はあふれんばかりの人で賑わっていた。

受付でくじを引いて出店者マップを受け取り、さっそく中へ。しかし人の多さだけでなく、手作りおやつや小物、アクセサリー、雑貨と、色とりどりのモノたちに目を奪われ、なかなか足が進まない。それもそのはず、今回のブースは、「小さな森の市」が16、「ナリワイ市」が13と、計29のブースが出品しているのだ。

 

人をかきわけ、ようやく会場の一番奥の小部屋で「新・ぬり絵体験」のワークショップを開いていたナリワイALLIANCE代表の菅原明香さんの元についた。ナリワイALLIANCEとは、2015年にスタートした鶴岡ナリワイプロジェクトの卒業生が集う起業家コミュニティのこと。「一人一人の個性を表現しながら、自分の足で立ち、かつ知恵を出し合い、協力することで未来を創る」という“ナリワイ”の精神を受け継ぎ、その輪を広げていくことを目標に、2017年4月に発足した。

 

代表を務める菅原明香さんは、2016年度の卒業生。アメリカ留学で身につけた「英語」と「絵」をナリワイとしている。この日は代表としてナリワイ相談会を開きつつ、アーティスト名「あかるさかおる」として「絵」のナリワイでワークショップを開催していた。

 

 

その内容は、ナリワイ仲間と共に活動している「ホスピタルハートアクト」(発起人/五十嵐淳子さん)の活動項目から。難しすぎない、でもアート心をくすぐるあかるさかおるの絵に、水彩色鉛筆で自由にぬり絵が楽しめるというものだ。ちょうど話を伺っている間、子どもたちが嬉しそうに色を塗っていた。

 

 

「この活動は、患者さんや病に寄りそう人たちが、手を動かすことで得られる癒しを応援するものです。ぬり絵がリラックス効果や認知症予防、うつ病予防につながるので、子どもだけでなくぜひ大人のひとに体験していただきたいし、いずれは病院で患者さんに対してこの活動ができればといいなと思っています」。

 菅原さんたちホスピタルハートアクトと同じように、ハワイの伝統療法を使って心と体のケアにアプローチしているのが、ロミロミセラピストの田代ちあきさんだ。

 

「病院まで行かなくても会える身近な看護師として、マッサージを通して健康維持を伝えたいんです」と話す田代さんは、医療・福祉の現場で看護師として15年間働いていた経歴を持つ。その中で、病気にならないように体と心のケアをすることの大切さを実感。ハワイ島ヒロへ留学し、ハワイ伝統の健康法であるロミロミを身につけた。そして帰国後、2017年にナリワイプロジェクトに参加。現在は、心と身体を整えるためのサロンの開設を準備しながら、ハワイ伝統工芸のラウハラ細工の制作販売やワークショップを行っている。今回のワークショップでは、ラウハラ細工などの販売と共に、ハンドトリートメントとハワイ式シュシュ作りの体験会を開催した。

 

文:長谷川結  写真:佐藤弘明


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容
講座のお申込み講演・視察に関するお問合せその他感想・応援等

▶講座内容はこちらから

自由記入欄