Article

<新聞に紹介されました>事務局 稲田の仕事観や生き方

本日(10月27日)付けの山形新聞に事務局 稲田が紹介されています。

生まれ育った兵庫県を出て山形に移り住んだきっかけや
今もなお鶴岡で暮らしている理由。
そして普段はどんなことを考えながら仕事をしているのかが
分かりやすく紹介されています。
チラシや看板の制作、資料の作成、イベントのアートワーク、
ワークショップ運営から音楽ライブまで約15種類ものナリワイを掛け持ちながら生計をたてる彼女。
記事の中で話している言葉に、
「なるべく共感できるところとだけ仕事しています。まずはできる範囲で自分のやりたいことをやってみる。合わないと思ったらやんわりとやめたりすればいい。自分が楽しいと思うことを自分で選択すればいい。」
とあります。
まさにナリワイの考え方。
力みすぎず、周りの空気感を感じ取りながらも
自分の納得した仕事をしている稲田の様子が記事に表れています。

ぜひご覧ください。

inada


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容
 講座のお申込み 講演・視察に関するお問合せ その他感想・応援等

お申込みの講座名 ※講座のお申込みを選択した方のみ

ご希望の日時 ※講座のお申込みを選択した方のみ

▶講座のスケジュールはこちらから

自由記入欄